ブーバーを捕まえに

上野公園に行ってきました。
前回はとある巣に1時間近くいたというのに、まったくレアポケモンに出会えなかった。
その反省を活かして、今回はとある秘密兵器を用意しました。
その名も…

スポンサーリンク

POKÉVISION

たぶん知ってる方はたくさんいると思います。
このサイト、なんと住所検索すると、その周辺にいるポケモンを表示してくれるという、神か悪魔が作ったのではと疑うほどの超便利システムを完備しているのです。
しかもそのポケモンが、あと何分その場所にとどまっているかまでリアルタイムで教えてくれる機能つきですよあなた。
これさえあれば「もう何も怖くない!」

と、「別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?」並の盛大なフラグをたてましたが、結論から言いますと、今回のブーバー乱獲作戦は大成功でした。
POKÉVISIONでブーバーのいる正確な位置を割り出し(サイトで検索してるだけですけど)、念のためおこう(私のキャラ女性なんですが、このおこうのエフェクトってなんかy)も使っておきました。
するとまあでることでること。
前回の失敗がなんだったのかというほどに、ブーバーに出会いまくりました。
この日のためにためまくったスーパーボールとズリの実を惜しげもなく投入し(おかげで40こ近くあったボールと実はすっからかんになった)、片っ端から捕まえまくり。
合計1時間30分で2体のブーバー(覚えてる技がよさげだったのでとっといた)と82個のブーバーのアメをゲットすることができた
やったぜ!

本当はもっと捕獲したかったんですが、携帯のバッテリーが限界を迎えた(上野公園をでようとした直前にバッテリー切れをおこした)ため帰宅することに。
十分すぎる成果をあげた俺は、人前だというのににやけ顔を隠せず、きっとすれちがう人々に気持ち悪がられていたことでしょう。
でもそんなこたどーでもいいんです!
こんだけのアメがありゃブーバーのCPを(今の自分のトレーナーレベルの)限界まで引き上げられることでしょう。
勇んだ私は帰宅すると、びしょ濡れの服を放り投げ、携帯を充電器にぶっさし、まずはさっぱりするためにシャワーを。
そしてバッテリーが回復したケータイを再起動し、喜々としてブーバーの強化を…

数回しか行えませんでした(CPは600ぐらいまでしか上がらなかった)。

ええ、足りませんでしたよ。
「ほしのすな」が。
そんなわけでうちのブーバーはまだ弱っちいままですが、レアポケモンの巣に行くときはぜひPOKÉVISIONを使ってみてくださいね!

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする