ポケモンGOでダイエット

今日もしこしことポケストップをまわってはアイテムをゲットし、ついでに移動するときでてきたポケモンをとっ捕まえておりました。
おかげで枯渇していたモンスターボールが100個をこえました。
これでポケモンがでたのにスルーしなければならない地獄から解放されました。
まさに解脱!
はっ!(うっかり!)

伝わりづらいネタをはさんだところで今回はダイエットの話です。
わたくしなんにも意識せずに生活しとりますと、まあぷくぷくぷくぷくと子豚のように太っていくのであります。
最近なんかはお腹周りが目も当てられない状態になっていまして、体重計にのるのが怖くてしゃーないのでごぜえます。
どうしようかと頭を抱えていたところ、ポケモンGOがリリースされたんですねえ。

まあこの後の展開はだいたい読めると思います。
そう!ポケモンGOのおかげで外に出るので、自然と体重がおちるのですよ!!
ポケモンストップから別のポケモンストップに移動する間だけジョギングすれば、あら不思議。
気づけば1時間で5㎞以上も移動してたじゃありませんか!
カロリーも500キロカロリーも消費してました(アプリで計測)。

もちろん現在は夏ですから、昼間のくっそ暑い時間帯なんかにゃポケモンGOをしに外出しません。
水分も持たずにあんな中走ったら、熱中症になるに決まってますからな。
夜ですよ夜。
幸いまだ熱帯夜にはなってませんので、涼しい風をうけながら気持ちよく走るのです。
もちろんスマホはポケットに入れますよ。
暗い中の走りスマホとか自殺志願者じゃないんですから。
ポケモンがでてきたらちゃんとバイブ機能で知らせてくれますから安心です。

あとポケモンストップについたらいったん止まってスマホを操作します。
これどうしてもペースが一定に保てないので、かなりきついんですよね。
止まったり動いたりという運動は心臓にけっこうな負荷がかかるので、いいトレーニングになります。
というか普通に息切れします。
公園とかならいいんですけど、モニュメントとかの横でひーひーと息をついてるのを通行人に見られるのはさすがに恥ずかしいです…(だからできるだけ見えづらい夜に走ってるんです)。

まだまだたるんだお腹は引っ込みませんが、この調子で毎日走ってりゃ夏の間にちったあましな体型になってるんじゃねーかなーと皮算用(使い方あってるかな?)してます。
こんなふうにポケモンGOをやりながら走っていれば、体重もおちるしアイテムやポケモンも集まる。
まさに一石二鳥です。
メリットが2つもあれば継続しやすいですしね。
ダイエットしようと考えている方はぜひポケモンGOダイエットを!!

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする