BE BLUES! 298節 テツヤの武器 (ネタバレ注意)

あらすじ

龍に1対1を申し込んだ徹矢。
誰もが龍の勝利を疑わなかったが、徹矢にはとびぬけた「武器」があった。
合図とともにターンをした龍は、ものすごい速さでボールに迫る徹矢の姿を目にする。
そしてファーストタッチで勝負は決まった。
徹矢が先に触ったボールは、龍の頭上を越えてミニゴールへ。
どよめきが起きる中、龍は再戦を要求。
負けず嫌いである。
第二ラウンドも先にボールに触れたのは徹矢。
しかし今度は待ち構えていた龍にトラップがずれたすきを狙われた。
あっさりボールを奪われ、二戦目は龍に軍配が上がる。
自分とは質の違う”速さ”に圧倒された徹矢だが、憧れのプレイヤーのレベルの高さに興奮を抑えきれない。
そんな彼に、龍は「帰ったらまたやろう」と声をかける。
なんと龍は、ドイツ遠征の高校選抜に選ばれていたのだ!!

【在庫あり/即出荷可】【新品】BE BLUES! ~青になれ~ (1-27巻 最新刊) 全巻セット

価格:12,391円
(2017/7/27 23:36時点)
感想(1件)

感想

徹矢は「スピードスター」だったんですねえ。
スピードスターってのは、単純に足が速い選手や、ドリブルが並の選手を寄せつけないほど速い選手のことを指します(多分)。
そんで注目すべきは彼が「超単距離」が速いってこと。
もちろん50メートル走とかも速いだろうけど、それ以上に5~6メートル走がここまで速いってのが驚異的。
なにせサッカーは50メートルのダッシュより、10メートル以内のダッシュを何度も繰り返すほうが多い競技だから。
加えてまぐれ気味とはいえ、あのトップスピードでボールを正確にとらえてゴールに入れる技術。
トラップはそんなにうまくないみたいだけど、これでマークをかわすタイミングとポジションどりが上手くなったら、ワンタッチでゴールを量産しまくるFWになれるんじゃないか?
龍も中学時代にFWは相手のマークを一瞬で外してゴールを決める、って言ってたしな。
単純な足の速さを活かしてサイドやウィングも面白いか。
ただ徹矢、精度の良いクロスをあげられるのかな…w
なんにしても面白い新入生が入ったもんだ。
そしてきたね、高校選抜の海外遠征!

スタッフ団長:栗田 和彦 クリタ カズヒコ(東京都立桜修館中等教育)総務:田中 龍太郎 タナカ リュウタロウ(埼玉県立大宮南高)監督:黒田 剛 クロダ ゴウ(青森山田高)コーチ:仲村 浩二 ナカムラ コウジ(尚志高)GKコーチ:湯田 哲生 ユダ テツオ(ジェフ

日本代表とは違うけど、やっと龍も全国に名の知れた選手になったな。
ていうかメンバーの中に藤原乃亜いそう(笑)
レノンもいくのかな?
日本の世代別のトップが集まり、ドイツの強豪相手に戦う。
これは新展開が待ち遠しいですわ。

BE BLUES! 297節 新しい風 (ネタバレ注意)
あらすじ 武蒼高校サッカー部に新入生が入ってきた。 セレクション組(強豪校のサッカー部では優れた選手を選抜するテストがあったり、中学時代...

徹矢初登場の前回はこっち。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする