BE BLUES! 302節 龍の経験値 (ネタバレ注意)

あらすじ

選抜合宿での紅白戦。
龍は控え組に入り、速いパスを要求していた。
しかしなかなか要求通りのパスは来ず、ノアのマンマークを振り切れない。
控え組はミッドフィルダー島田と左サイドバックの下柳(ともに福岡南)による息の合ったコンビネーションで打開を図るが、右サイドはレノンのテリトリー。
選手権同様に鉄壁のディフェンスを披露する。
なおも速いパスを要求する龍にイラつく同じチームの今泉(おそらくポジションはボランチ)だが、島田に促されてぶつけるようなパスを龍に入れた。
ようやく要求通りのパスが来た龍は見事なターンで前を向く
しかし味方のフォワード陣は龍の動きに慣れていないため、ラストパスを受ける準備ができていない。
前方にはレノン、かわしかけたノアも素早く戻って龍にプレッシャーをかけてくる。
代表の主力2人を前に、龍が選んだ選択はドリブル!!(多分ね)

【在庫あり/即出荷可】【新品】BE BLUES! ~青になれ~ (1-28巻 最新刊) 全巻セット

価格:12,854円
(2017/8/31 00:55時点)
感想(1件)

感想

スポンサーリンク

龍の経験が凝縮されたターンからの選択

知り合いのいない中に入って、強いパスを要求する。
いやー、ちょうど1年前(漫画の中の時間)、武蒼に入りたてのころの龍を思い出しますね。
いきなり上級生に要求する太い心臓はあの時から変わってない。
しかし技術の進歩は顕著。
あの時はそれほどプレッシャーのない中で前を向き、レノンとのパス交換からゴールを決めた。
今回はノアのマークを受けながらも前を向き、加えて2人の敵をかわそうとしかけている。
このターンからのドリブルの選択には、龍のこれまでの経験が凝縮されてるよ。
ターンは聖和台戦での小早川 忍(聖和台のエース)とのマッチアップが似たような状況だった。
小早川のマークをうけながらもコーメイとのダイレクトワンツーで抜け出したやつな。
ミルコに「フリーでしか輝けないようでは目指す場所(日本代表)にはたどり着けない」、とどやされた後に見せた気迫あふれるプレイだ。
そしてドリブルを選択できたのは、夏合宿でAチームと戦い、終盤にレノンとの1対1を避けてしまい、これまたミルコにダメ出しされた経験が活きている。
「代表クラスの選手相手に1対1を避けているようでは(以下同文)」
経験を糧に、迷わず最良の選択ができている描写は燃えるものがあるわ。

2人抜き

さあしかしレノンとノアを抜けるか?
得意のカットインは2人とも知っているし、なにより味方のフォローがなければ「カタチ」に入れない。
股抜きも通じるかどうか。
龍はどうするつもりなのか。
ノアをもう一度かわすように中に入るか。
逆足だがレノンの左を抜けるように外にいくのか。
それとも桜庭のように2人の間を割るようにドリブルするのか。
レノンにブリッジ(ボールを相手の前に蹴りだし、自分は相手を挟んでボールと逆側を抜け、DFをかわすドリブルテクの一種)かけるのも面白そう。
桜庭のドリブルを見ていたし、ノアの腰付近にボールを浮かしてくるかも?
ただノアに同じ技が通用するかねえ。
なんにせよ、2人の間の空間を使ってくると俺は思う。

この動画の香川みたいに1回左に振って、一気に加速して間を抜けるのもよさげ。
ノアに体入れられそうな気もするけど。

マジモードのノアとレノンを相手に、龍がどんなプレイを見せるのか。
来週も楽しみだ!

BE BLUES! 301節 選抜組の実力 (ネタバレ注意)
あらすじ アレがすごいことが判明してから一晩、龍は乃亜を筆頭に選抜組から大いに弄られていた。 やっぱり長友も言ってた通り、下ネタは万国共...

前回の感想はこちら。

ミズノ (MIZUNO) ドリブルバー 12TA800 [分類:サッカー 練習用品・その他]

価格:11,664円
(2017/8/31 01:32時点)
感想(0件)

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする