BE BLUES! 305節 不屈の闘志! (ネタバレ注意)

あらすじ

ボールを奪いにきた龍をいなすだけでなく、寄せにきていた今泉をも同時にかわした高虎。
おまけに龍に「辛かったら帰っていい」と言葉までかける余裕っぷり。
町田とのワンツーからフリーでペナルティーエリアに侵入。
シュートコースを消そうとした松本(控え組のセンターバック)をあざ笑うかのようなスルーパスで、高虎は曽我のゴールを見事アシスト!
一方の龍は今泉にむやみに飛び込みDFの邪魔をするなと叱責される。
優人たちに龍を手助けして欲しいと頼まれていたレノンだったが、ここはピッチの上。
戦場で情けは不要、レノンは一切龍を助けようとはしなかった。
首脳陣も龍のメンタルを案じたが、

「帰らないぞ。絶対に生き残って見せる!!」

高虎に向かいはっきりと龍は宣言した。
苦しい状況だが、今はなんとしても自分の価値を周りに示すほか手はない。
個人プレーはそこまで得意ではない龍だが(龍の長所はチームプレーでこそ活かされるからね)、この空気を打破するために決意を新たにする。
もし桜庭だったら、この状況でも自分のプレーを貫くだろう(それがチームにとって良いかどうかは別だけど)。
「ったりめーだろ、ボケが」
龍はそんな声を聞いたような気がした。

【中古】BE BLUES! ~青になれ~ (1-28巻) 全巻セット_コンディション(良い)

価格:11,750円
(2017/9/28 23:59時点)
感想(0件)

感想

スポンサーリンク

遠藤高虎

テクニカルなトラップに綺麗なスルーパス。
高虎はパサータイプのトップ下みたいだな。
フィジカルとシュート精度はまだわかんないけど、アシストに重きを置いてるのかな?
今回だって自分でシュートにもいけたし。
とりあえず攻撃的な選手なのは間違いないかと。
でも正直アウトサイドトラップして、わざわざ後ろから寄せてる龍の背後取ってかわす必要はなかったと思います(小声
一点目のアシストはノールックだったし、多分視野もかなり広い。
龍とポジションと学年がかぶってるところをみると、高虎以上の存在感を示さないと選抜のレギュラーは難しいか。

強さの理由

さすが龍だぜ!
指導者たちの心配は杞憂に終わるだろ。
この程度の逆境で折れるようなら、彼は今頃サッカーしてないからな。
でも今の龍のメンタルの強さは、ただ単純にサッカーが好きだからとか、プランを実行するからとか、自分だけの気持ちではない。
支えてくれた青梅兄妹
切磋琢磨したナベケン
そして、ある意味龍に最も影響を与えている桜庭
他者の存在がもともと強かった龍の心をさらに強くしている
俺はそう思ったね。

まとめ

予想通り折れない龍を見れて満足。
メンタルだけだったらとっくに日本代表クラスやね。
そして相変わらず龍と桜庭の関係が、お互い相容れないが影響を与え合ってる、って感じがして実にいい。
桜庭もとっとと代表やら選抜やらに召集されんかね。
龍がドイツに行ってる間に、桜庭がプリンスリーグ(高校の地域選抜リーグ)で大活躍!
選抜で存在感を示した龍とともに竜彦(龍の昔馴染みで世代別の代表)のいるU18に参加!!
みたいな展開だといいなあ。
しかし「今は1人でやるしかない」と龍は決心したものの、どうやって状況を打開するのか。
龍の最大の長所は視野の広さと判断の的確さと速さだ。
これを活かすにはやっぱりパスだと思うんだが…。
まさかロングシュート
確かにキックが正確ってのも龍の長所だわな。
これは久しぶりに龍の超ロングシュートが見られるかもしれんね。
楽しみや!!

BE BLUES! 304節 逆風 (ネタバレ注意)
あらすじ レノンとノアを相手に縦に抜けた龍。 しかしレノンは素早く戻り、体を入れてきた。 結局ボールはゴールラインを割り、ゴールキック...

前回はこっち。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする