【Wake Up, Girls! 新章】第1話 感想 アイドル不況時代を生き抜け!WUG!!(ネタバレ注意!)

あらすじ

2年前のアイドルの祭典で優勝したウェイクアップガールズ通称「WUG」(このへんの話は映画で)。

しかし未だに活動は本拠地仙台。

ファンも増えたものの…

全国レベルの知名度はまだない模様。

迫真のキャラ紹介。

ヤマカン…

新章からの新キャラ

去年の祭典ではI-1(この世界の日本のトップアイドル、A〇Bかな?)が優勝!

そのI-1すらも落ち目と言われ、アイドル達には厳しい世の中に。

それは置いといて、WUG初のアルバム!

踊ってみた、されるぐらいにはWUGも有名に。

東京での仕事だオラァ!(富沢梅男は草不可避)

東京で使おうとした2年前の衣装はもうダメみたいですね…

昔の衣装で新しいシュシュを作り、いざ東京に!

I-1とは相変わらずあまり良い雰囲気ではないようで。

藍里(上の2番目の画像の娘)はシュシュを置き忘れてしまい、登場にもたつくWUG。

タモリやないかい!ていうか東京での仕事ってMステかよ。

相変わらずボロクソ言われてるCGシーン。

登場もたつきでI-1に謝罪。当然怒られた。仕方ないね。

なまはげーず解散、赤味噌オールスターズの危機(前者は東北出身アイドルグループでWUGの良きライバルだった、後者は4年前くらいのアイドルの祭典優勝グループ)、アイドル不況とはよく言ったもので。

太田率いるWUGの親衛隊、ワグナーの皆さん。良い人たちなんだけど、いっつもファミレスで大声出して怒られる。いい加減出禁になるぞw

全国ツアー、だと…?

ED

次回予告

みんなの感想

監督交代、作画の一新、映画視聴前提の構成、CGの荒さ、カメラアングルの良し悪し、前作衣装からシュシュをつくる展開、なまはげーずの解散、声優陣の芋具合、田舎娘具合の抜けっぷり…。
Twitterの意見は賛否両論。
個人的には確かに昔の暗めの作画も好きだった。
でも3話ぐらいには慣れるんじゃね?とも思う。
さてどうなりますかね…。

【このはな綺譚】第1話 感想 可愛いケモ耳娘達に癒されること間違いなし!(ネタバレ注意!)
あらすじ ケモ耳少女の柚(ゆず)、八百比丘尼(やおびくに)に連れられ温泉宿“此花亭”に。 ...

このはな奇譚1話の感想はこっち。

等身大タペストリー -HIGAWARI PRINCESS ver.- (島田真夢)(ポスター、カレンダーなど)[サーファーズパラダイス]《予約/2017年12月》

価格:8,208円
(2017/10/10 03:39時点)
感想(0件)

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする