羽川翼

傷物語熱血篇が昨日から公開されてます。
僕も見に行こうとは思ってるんですが、なかなかタイミングがね。
戦闘力がぶっちぎりの全盛期阿良々木さん(アニメでは後輩と親友と妹と陰陽師と蛇神にぼっこぼこにされてる。つーかガチバトルで勝ってるところがほとんどない)とか可愛い羽川さんとか早く見たいんだけどなあ。
ストーリーはどこまで進むんだろ。
三人の吸血鬼ハンターとの戦いまでかしら。
でもそこまでやっちゃうと最後の冷血篇の尺めっちゃあまんね?
なんてことを考える夏の昼下がり。

映画の話は一端やめにして、今回はバサ姉こと羽川翼について語ってこうと思います。
完璧超人、委員長の中の委員長。
敵はおろか味方(特に忍野には「気持ち悪い」とまで言われた)にまで警戒されるほどの頭脳をもつ、圧倒的なまでの本物。
彼女がいるだけでいいにしろ悪いにしろ、その場のものをすべて片づけてしまう。
そんな力をもつのが羽川翼だ。

さらに恐ろしいことに、彼女は新種の怪異までも生み出してしまうのだ。
ストレスから障り猫、別名ブラック羽川を
嫉妬心から苛虎を
それぞれ一般人に死者がでるほどの脅威と悪意を秘めている。
これは羽川の「自分の黒い部分を切り離す」という能力…というか習性(?)ゆえのものである。

しかし猫物語(白)で自分の黒い感情を怪異に押しつけたくないと考えた羽川は、ブラック羽川の力を借り、ついに暴れまわる苛虎と対峙する。
その時のセリフが
「美しくなくっていい。白くなんてなくっていい。私はあなた達と一緒に、汚れたい」
ああもうほんと好き。

この白では戦場ヶ原さんにも惚れ直しました。
「私を巻き込んでちょうだい。そうね、一緒に死んであげるくらいのことはできるわ」
重いけどこれも好き。
命を投げ出すことに躊躇がないガハラさんは間違いなくバサ姉の一番の友人なんだよなあ。

そして最後に阿良々木ニキに告白してふられて、作中では初めて泣く羽川さんのシーンは切なさ乱れうちですよ。
アニメではカットされてしまったけど、この後羽川さんは何日か戦場ヶ原家に泊まらせてもらったみたいですね。
そこで初めて流れ込んでくる負の感情(今までは全部切り離してたからね)のせいで、かなり情緒不安定になってしまったバサ姉の世話を辛抱強くしたひたぎさんマジイケメン。
それにしても阿良々木ニキもガハラさんも羽川さんのこと好きすぎだろ。
重婚して三人で仲良く暮らしてもええんやで?

あと原作の小説版では、ノートに阿良々木翼と書いて妄想ふくらます可愛いすぎる委員長が読めるからみんなお近くの図書館で借りて読もうな!
なかったらリクエストすりゃいいんだよお!

おすすめアニメランキングベスト100
一回やってみたかったんですよこういうの! アニメはいいですよねえ。 あの世界では現実では叶えられない理想を叶えることができます。 もっ...

物語シリーズは殿堂入りのため入ってませんが、それ以外にも面白いアニメをたくさん紹介してますので時間あれば読んでってください。

猫物語(白) [ 西尾維新 ]

価格:1,404円
(2017/1/7 02:22時点)
感想(55件)

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする