千と千尋の神隠し

言わずと知れたジブリの最高傑作(興行収入的に)。
その額なんと300億を越える。
二位のハウルの動く城が200億弱だから、約100億もの差をつけている。
てか邦画興行収入ランキング三位がもののけ姫だから、ベスト3全部ジブリか。
やっぱジブリってすげー。

あらすじは家族で神の世界に迷い込んでしまった主人公千尋が、豚にされてしまった家族を取り戻そうと奮闘する話です。
いまさら説明せんでもみんな知ってるか(^▽^;)
最初は泣き虫で(まあいきなり異世界に迷い込んで両親豚になって化け物みたいな外見のやつら見て自分の体が消えかけたらそら泣くか)どんくさくてかわいくなかった(たぶん前半と後半で千尋のキャラデザ若干変わってると思うんだけどどうだろ)千尋が、さまざまな人や異世界の不思議な住人との出会いをとおして成長していく姿は見ていてさわやかな気分になりますね。

一番好きなキャラはベタだけど釜爺かな。
おっそろしそうな外見でぶっきらぼうだけど、根は優しくて面倒見がいい。
サンキューじっじ。
飯をもっさもっさ食いながらの「グッドラック」のシーンもいい味だしてる。
年取ったらこんな爺さんになりたいもんだ。
まず腕増やさなきゃな…。

ほいでよう、千と千尋で長年疑問に思ってることがあんだよ。
序盤に異世界に迷い込んだ千尋に白が
「早く元の世界に帰れ。私が時間を稼ぐ」(意略)
と言い放った次の瞬間に油屋に向かって氷のようなものを吹くように放つシーンがある。
あれ何?

花びらのようにも、ガラスのようにも見える。
白は川の主(ネタバレだけどまさか未だに千と千尋見てなくてこのブログ見てる人はいないだろ)だったから、水系統の力を使えるはず(ゲーム脳)。
つーことはこれは氷?
でも氷吹いてなんの意味があんだ?
そもそも「時間を稼ぐ」とは何を意味していたんだろうか。
まさか時間を止める、もしくは時間が進むのを遅くしようとしたのか!?
いやそれはさすがにチートすぎる。
強力な魔法使いである湯婆婆だってそんなことは(たぶん)できないだろう。

現実的に考えて(魔法ありの異世界で現実的ってのもおかしな話だ)、油屋からでてくる従業員たちをとめようとしたのではなかろうか。
人間がいると大騒ぎになるっぽかったしな。
あの白い氷っぽいやつでどうしようってのかはわかんないけど。
うん、考えてみたけど全然わがんね。
もし知ってる人がいたら教えてちょ。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする