【#MHW】初心者がモンスターを狩るための10ヶ条~最も大切なのは「生き残る」こと~

スポンサーリンク

◆「どう戦えばいいか分からない!」─そんな時は、“ターン制”として考えてみよう

本作の戦いをRPGやカードゲームのような“ターン制”という視点で見てみましょう。恐ろしげに見えるモンスターでも、随時あらゆる方向に攻撃を繰り出しているわけではありません。
敵が攻撃している時は「相手のターン」と割り切って欲を出さず、回避やガードに専念。すると、攻撃が終わった後のモンスターがしばし無防備な状態となります。この時がまさに、「自分のターン」。愛用の武器でモンスターに攻撃しましょう。
相手が押す時には引き、引いた時に押す。“ターン制”として立ち回ることで、深追いしない戦い方も身に付いてくるので、戦っている最中に意識してみてはいかがでしょうか。

◆「どの方向からモンスターに攻撃すればいいの?」

突進などを多用するモンスター相手には、後方から攻撃する機会が多めになるでしょう。「後ろ側なら安全」とも思いがちですが、しかし尻尾を振ったり足で蹴ったりと、案外危ない位置でもあります。なので、真後ろから攻撃する時は、やや回り込んで斜め後ろから攻撃すると、比較的対処しやすいケースが多いです。また、突進を何度か繰り返す相手もいるので、再突進しないかも念頭に入れておきましょう。
正面から攻撃するのは、かなりリスクの伴う行為。ただし、頭に攻撃を食らわせると相手を怯ませたり、より大きなダメージを与えられる場合もあるので、リターンも少なくありません。一撃だけ加えて回避するなど、リスクを抑えつつ狙ってみるのも一興でしょう。


正面や後ろと比べると、側面は比較的安全な場所です。どこから攻撃すればいいか悩んだ時は、様子見を兼ねて横方向から攻めるのもアリ。
あと、攻撃後の回避についてですが、モンスターから出来るだけ遠ざかりたくなりますし、それは決して間違いではありません。しかしモンスターに近すぎると、回避を1~2回行っても相手の攻撃範囲、という場合も。そんな時は、思い切ってモンスターの懐に飛び込むのもひとつの手。自分がいた位置に攻撃を仕掛けてくる場合、うまく空振りさせることも可能です。もちろん状況によって異なりますが、「相手の腹の下を潜り抜けて逃げる」というのも、存外悪い手ではありません。

◆『モンスターハンター:ワールド』ならではの要素にも注目!


本作では、モンスター同士が戦うこともあり、狩りの最中にそんな場面に出くわすのも珍しい話ではありません。そんな時、こっそり攻撃するのもお勧めです。巻き込まれないように注意しつつ、チクチクとダメージを与えておくと、後々の戦いが少し楽になるでしょう。
また、周囲の環境が利用できるのも本作ならでは。手軽に回復できる「回復ツユクサ」や「回復ミツムシ」はしっかりと利用したいところ。薬と違い、回復するまでの時間が短いので、ピンチ時の切り札として保存しつつ戦うのもお勧めです。モンスターが移動した場合は、ツユクサやミツムシで回復してから追いかけましょう。

◆「ダメージ食らった! 回復したい!」、そんな時も要注意

回復薬を使うタイミングは、モンスターの隙を狙うのが一般的ですが、「その隙が分からない!」と初心者時代は誰もが思うこと。そこで今回お勧めするタイミングは、「モンスターの攻撃がオトモアイルーに向かった時」です。オトモに攻撃を繰り出している間なら、かなり安全に回復薬を使うことができます。

◆アイテムも心強い味方!

使えるものを列挙しても、初心者だと把握するだけでも一苦労なので、攻撃を直接的に助けてくれる「罠」に絞って、今回はお勧めします。罠には「落とし穴」と「シビレ罠」があり、あらかじめ仕掛けなければいけませんが、ハマれば一定時間モンスターを無力化できます。この間はまさに「俺のターン!」状態なので、サクサクとダメージを与え続けることが可能です。ただし、地形によっては使えない罠もあるので、その点は留意しておいてください。
ちなみに「落とし穴」は、「ツタの葉+クモの巣」を組み合わせて作った「ネット」と、流通エリアなどで売っている「トラップツール」を調合すると出来上がり。「シビレ罠」はもっと簡単で、「トラップツール+雷光虫」だけで手に入ります。購入できる「トラップツール」以外は植生研究所で増やすことができるので、施設も有効に活用して便利なアイテムをストックしておきましょう。

◆「自分だけじゃ倒せない!」、そんな時でも『モンハン:ワールド』なら打つ手アリ

本作では、クエストへの途中参加が可能。オンラインに接続しており、かつPS+のサービスに加入していれば、クエスト中に「救難信号」を発信することで他のプレイヤーが参加できるようになります。相手も人間なので、必ずやってくるとは言えませんが、助けを求めて損することはないので、ピンチの時には一考してみましょう。
ただし、ハンターが3人以上に増えると、オトモアイルーが姿を消します。また、ソロからマルチプレイになると、モンスターの体力も増える形に。救難信号を出す時は、こういった点も留意しましょう。

◆「どの武器を使えばいいの?」、初心者向けのお勧め武器を紹介


軽快な機動性と素早い攻撃、そしてガードもできる片手剣」は、初心者でも取っつきやすい武器として知られています。ひとつひとつの攻撃が早いため、危ないと思ったらすぐに回避やガードに移れるのも魅力的。しかも、武器を手にしたままアイテムを使うことが出来るため、回復なども素早く行えます。生存力の高い武器と言えるでしょう。
また、武器を構えた時の機動性はかなり低いものの、重い一撃を繰り出す「大剣」も使いやすい武器です。リーチが長いので攻撃が当てやすく、また「溜め攻撃」で大ダメージを与えやすいのも特徴です。敵の攻撃が恐い時は、「抜刀しながら攻撃し、すぐに回避→納刀後に走って逃げる」を繰り返すと、比較的安全に攻撃できます。余裕が出てきたら、相手の動きに合わせて「溜め攻撃」を混ぜていきましょう。ちなみに「大剣」もガードが可能。危ないと思った時はガードで凌いでください。
使う武器のカテゴリーを決めた後は、最低限「攻撃力の高さ」「切れ味ゲージ」の2点にだけ気を付けて武器を選べば、大きな失敗はしません。モンスターの詳しい情報を予習する余裕が生まれたら、その他の要素にも目を向けていきましょう。

◆初心者にお勧めしたいスキルはこれ!


防具や護石などに備わっている「スキル」。その用途や役立つ場面は様々ですが、狩りを行う上で頼りになる効果を持つものがほとんど。このスキルも活用し、手強いモンスターに立ち向かいましょう。今回はあくまで初心者向けに重点を置いてピックアップします。
「攻撃」「防御」などは戦力を直接上げることができるので、「何を付ければいいか分からない」という第一歩にお勧め。もちろん、狙って付けても損のないスキルです。また、一定確率での発動ではありますが、武器の切れ味ゲージを伸ばしてくれる「匠」や、受けたダメージを減らしてくれる「精霊の加護」なども、攻撃面・防御面で頼りになります。
防御といえば、ダメージだけでなく、耐性も重要です。特に、気絶状態になってしまうとしばらく立ち止まってしまうので、追撃を食らって倒れてしまう……ということも多々。「気絶耐性」をはじめ、状態異常へとの耐性を持つスキルで、生存力を高めるのもアリです。
「回避距離UP」もいいスキルです。モンスターの攻撃はリーチが長いため、1度の回避では距離を取れない場合も。「回避距離UP」ならば、文字通り回避の際の距離が伸びるので、より遠くに逃げられるようになるのでお勧めです。
切れ味ゲージが落ちやすい武器を使っている方は、「砥石使用高速化」も重要なスキル。通常だと4回研がないとゲージが回復せず、モンスターの近くで行うには危険が伴います。ですがこのスキル高ければ、かかる時間はそれだけ短くなり、ちょっとした隙をつけば安全に行うことが可能。安全性を高めるスキルのひとつと言えます。
頻繁にキャンプに戻ってしまう場合は、「不屈」も有用です。力が尽きるたびに攻撃力と防御力が上昇するので、実に初心者向けなスキルです。やられることが少なくなってきたら、腕前が上がってきた証。その時は「不屈」を卒業し、新たなスキルに切り替えてください。
このほかにも有用なスキルは様々ありますが、種類がかなり多いので、初心者の頃は悩みガチ。情報量が多すぎると混乱しがちなので、少しずつ試してみて自分に合うものをチョイスしてみてください。戦闘とは直接関係ありませんが、卵の納品クエストには「運搬の達人」もお勧めです。

◆フィールドに行く前から戦いは始まってる! 事前の準備も大切


慣れていない頃は、モンスターとの戦いはいっぱいいっぱいで、全く余裕はありません。だからこそ、たっぷりと時間をかけられる事前の準備を徹底し、より勝率を高めておくのも大事なポイントです。
当たり前の話ですが、武器や防具はよりよいものが作れるようになったら、どんどん付け替えていきましょう。武器については、自分が使う武器種の中で一番強化できるものを身に付ければ基本的にOK。属性などを考えられる余裕が生まれたら、相手に合わせて持ち替えておきましょう。武器を強化するペースはそれほど激しくないので、行き詰まった時に見直す程度でも大丈夫です。
防具は、新しいモンスターを倒すたびに、新たな防具がラインナップに並ぶため、頻繁にチェックしてスキルや性能を確かめるのがお勧め。気に入ったものがあれば、素材を集中的に集めて生産に臨みましょう。また、防具はある程度まで防御力を上げることが可能。「バウンティ」をこなすことで手に入る「鎧玉」を使って防御力を高めれば、気に入った防具を長く使い続けられます。
防具も色々ありますが、入手が容易という点で「ランゴシリーズ」や「タロスシリーズ」などがお勧めです。前者は「ランゴスタ」、後者は「カンタロス」の素材で作れます。どちらも小型モンスターな上、与えてくるダメージも微々たるもの。初心者でも安心して狩れます。武器で直接攻撃すると体が四散してしまうので、スリンガーを使って少しずつダメージを与えてください。
ランゴスタは序盤から登場し、「納刀術」「風圧耐性」などのスキルが付いています。カンタロスの登場は少々遅めですが、タロスグリーヴで「匠」を付けることができ、少ない手間で戦力を補強できます。
身に付けるものとして、「護石」も大事な装備品のひとつ。序盤だと作れる護石も少なめですが、身に付けて損はありません。最初にもらえる護石で防御が上がるので、他に護石がなければこちらを装備しておきましょう。
そしてもうひとつ、初心者が忘れがちなのが「食事」。一時的な効果なので疎かにしがちですが、体力やスタミナの上限が上がり、運が良ければ有用なスキルも発動します。強敵に立ち向かう時ほど重要な要素なので、こちらもお忘れなく。クエストを受注してから出発までの間に食事をする、といった流れを作っておくと、忘れにくくなるかもしれません。

◆最も重要なのは「生き残ること」

ハンターにとって最も大事な点は、「生き残ること」です。

モンスターとの戦いに時間がかかっても、時にキャンプ送りになったとしても、最終的に倒せれば勝ちです。素材が集まり新たな武器や防具を作れれば、再戦した時はより有利に戦えます。
ですが、やられてクエストを失敗してしまうことも、決して無意味ではありません。本作には経験値を貯めてレベルアップするといった仕組みはないと冒頭で述べましたが、経験そのものは現実世界のプレイヤーに蓄積されます。初見では恐ろしいだけだったモンスターも、次第に慣れていき、その動きも把握できるようになってきます。
モンスターにやられても、死ぬことはありません。何度倒れても、諦めずに立ち向かい続ければ、その経験が力となって助けてくれます。戦いの場で生き残り続ければそれだけ強くなっていくので、出来うる限りの手段を駆使してモンスターに抗い、経験を蓄えていきましょう。
モンスターからすれば、強い武器や強固な防具よりも、諦めず何度も立ち向かってくるハンターこそが一番恐ろしい相手。挫けぬ心で生き残り、しぶとくモンスターを討伐しましょう!

インサイドより引用


特典なし☆在庫あり[100円便OK]【新品】【PS4】MONSTER HUNTER: WORLD(モンスターハンターワールド)【RCP】※ご注意:人気商品のため、お一人様1個限りとさせていただきます。また、封入特典は終了しました。何卒ご了承下さい

価格:9,499円
(2018/2/14 11:46時点)
感想(0件)

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする