【#FGO】大学の客員教授に就任した塩川P「日本のゲーム業界の教育を変えたい」と意気込む

DWと提携している大阪成蹊大学で行われた記者会見

大阪成蹊大学とディライトワークスの連携協定締結式の様子

3月13日(火)に大阪成蹊大学(以下、同大学)で、ディライトワークスと同大学の連携協定締結と芸術学部 造形芸術学科に開設される「ゲーム・アプリケーションコース」についての記者会見が行われた。

記者会見では、ディライトワークスの代表取締役社長・庄司顕仁氏、同社執行役員クリエイティブオフィサー・塩川洋介氏、同大学から理事長・総長の石井茂氏、専務理事の佐藤英夫氏、学長の武蔵野 實氏、芸術学部長の門脇英純教授、同学部 造形芸術学科長の糸曽賢志教授、同学部 同学科の川和夕記准教授が出席。

「創点 弟子入りプロジェクト 出張!塩川洋介独演会 in 大阪」

ディライトワークスが東京で開催したイベントを、産学連携プログラムの一環として大阪成蹊大学で6月(予定)に同大学在学生や未来のゲームクリエイターを志す人を対象に開催される。

同プロジェクトは、「ゲームを“創れる”」クリエイター育成のために2017年8月にディライトワークスが立ち上げた人材育成プロジェクト。FGO PROJECT クリエイティブディレクターの塩川洋介氏が実際にどのような考え方で仕事をしているかを学べる。

塩川氏がオープンキャンパスにて高校生を対象にしたプログラムを実施

塩川氏は2018年に開催される大阪成蹊大学のオープンキャンパスで、高校生を対象としたプログラムを実施する予定です。初回は4月予定。

FGO PROJECT クリエイティブディレクターの塩川洋介氏

記者会見で塩川氏は、なぜ客員教授に就任したかについて、「日本のゲーム業界の教育を変えたい」とコメント。

塩川氏は2010年くらいからいろいろな講義や公演を行い、自身で企画して海外の専門書の監訳を行うなどゲーム業界の仕事に携わってきた。

そんな中、アメリカで働いていた時期に現役のトップクリエイターがゲームの学校で教えている状況を目の当たりにした。

自身が専門学生時代に現役のクリエイターに教わっていた経験について触れ、最先端の人間にしか学べないこと、学べる環境が当たり前になればいいという考えから、身をもって先陣をきりたいと客員教授に就任したことへの意気込みを語った。

塩川氏は、実際に客員教授として年間を通して同じ学生に授業を行う。やるからには現場ですぐに役にたつこと、普段実際に自身がやっていることを相手が学生だと思わずに、普段から行っている若手や新人クリエイター教育だと思ってやっていくとコメントした。

APP BANKより引用


みんなの反応


ボロカスに言われてて草

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする