【朗報】『炎神戦隊ゴーオンジャー』10周年に新作Vシネマで復活!

炎神戦隊ゴーオンジャーとは

本作品では、単純明快な「勧善懲悪」の展開が志向された。モチーフはスーパー戦隊シリーズでも度々採用されてきた「自動車」であるが、本作品では乗り物と動物の両方の特性を併せ持った、意思を持つ機械生命体「炎神(えんじん)」として描かれており、この炎神と人間たちの物語も、本作品の重要な部分を占めている。

あらすじ

意思を持ち、言葉を話す乗り物型の機械生命体「炎神」。彼らが住む異世界・マシンワールドでは、汚れた環境を好み公害を撒き散らそうとする機械生命体「蛮機族ガイアーク」が猛威を振るっていた。勇敢な炎神・スピードルたちが戦い勝利を果たしたものの、ガイアークたちは別の世界へと逃亡していった。

それから半年後。人間たちが暮らす地球=ヒューマンワールドにガイアークが出現。次々と地球の大気を汚していくガイアークの前に、3人の若者が立ちはだかる。彼らこそ、ガイアークを追ってヒューマンワールドへやって来た炎神とともに戦う正義の味方、炎神戦隊ゴーオンジャーだった。

そんなゴーオンジャーたちの姿を見た2人の若者もまた、ガイアークと戦う決意をする。紆余曲折を経て5人となったゴーオンジャーは、気持ちも新たにガイアークと戦っていく。

Wikipediaより引用


公式Twitterより

Vシネマ『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』特報


みんなの反応


あのカーレンジャーとはるほど狂気がかっていた作品と聞き、わい戦慄

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする