響け!ユーフォニアム2期、第四回(4話)あらすじ、感想、考察 みぞれと希美の確執が明らかに!(ネタバレ注意)

あらすじ

関西大会の順番の発表から今回はスタート。
北宇治は16番目。
強豪、明星工科は15番目。
部員たちは一瞬ひるむも、すぐに気合を入れなおす。
そんな中、みぞれは感情を演奏にのせられずに思い悩む。
また久美子の姉も父親と口論をしたようだ。
これも後の伏線になるか?
そしてついに希美はみぞれと顔を合わせてしまう。

%e5%84%aa%e5%ad%90
何も知らない夏紀と希美にいらだつ優子。
「何もしてないから悪い」、まさにみぞれのトラウマの原因だった。
テレビアニメ公式サイトより引用
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

みぞれは再度トラウマを刺激され、その場から走り去る。
それを追った久美子は、みぞれから希美に対する想いを聞く。
みぞれは内気な性格から友達ができず、中学時代に吹奏楽部に誘ってくれて、優しく接してくれた希美に対して強烈に依存していた。
オーボエを吹くのも、希美のために吹くのだと言いきるほどに。
それゆえに希美が退部するときに、自分に何も言ってくれなかったことに深く傷ついていた。

%e3%81%bf%e3%81%9e%e3%82%8c
初めてできた親友、でもそう思っているのが自分だけだったら…?
みぞれは希美に依存と恐怖という相反する感情を抱く。

テレビアニメ公式サイトより引用
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

「自分は希美しかいないが、希美にとっての自分は友達でもなんでもなく、相談もしてもらえないような存在なのか」
しかしその後追いついた優子の説得もあり(ここのデカリボン先輩がみぞれを暗い影から明るい日向に引っ張りだすシーン好き)、みぞれは駆けつけた希美と向き合う。

希美が退部するときにみぞれに声をかけなかったのは、頑張って練習しているみぞれの邪魔をしたくないからだった。
決して自分が希美に友達だと思われていないわけではない。
それを知ったみぞれは、涙を流しながら初めて笑顔を見せた。
2人の誤解がとりあえずとけたことに安堵した久美子。
しかし別教室で久美子と向き合ったあすかは、みぞれのことを「ずるい」と一蹴。
さらに今までみぞれを気にかけていた優子を、「みぞれが用意した保険」と表現した。
さすがに頭にきた久美子だったが、笑顔から一転真剣な顔つきで「全国にいこうね」とあすかに言われたのと、麗奈が迎えにきたこともあり、その場を立ち去る。
まだまだ底知れないあすかの内面に、久美子が踏み込むときはくるのか…?

感想

タイトルの「めざめるオーボエ」通りに、みぞれのための話でしたな。
まさかこんなに早く希美とみぞれの確執に踏み込んでくると思わなかったからびっくりしたわ。
そしてみぞれの希美に対するトラウマって、依存心からくるものだったんだね。

響け!ユーフォニアム2期、第三回(3話)「なやめるノクターン」の感想と考察(ネタバレ注意)
あらすじ まずは厳しい合宿の描写から。 「10回通し」という吹き終わると全員(1名ほど除く)がへろへろになるほどの猛練習を、どうやら毎日...
前回の考察で「中学時代の約束の反故が~」とか散々言ってたくせに全然関係なくて草すら生えませんよ…。

希美が退部するときに、みぞれは希美に相談されなかったことに傷つき、希美はみぞれの依存心なんてまったく知らなかった。
だから希美は知らないけど、みぞれが希美に対して一方的にトラウマを持ってしまったと。
こういうことだったんだね。
なかなかめんどくさいけどこういうめんどくさい心理描写こそユーフォの魅力だ(と個人的に思ってる)から、がんがんいれてきてほしい。
それにしてもデカリボン先輩の株がストップ高なんだけどどうすればいい?
1期では部をひっかきまわしてた印象あったけど、よく考えたらみぞれを支えた彼女がいなかったら今頃みぞれが壊れて関西大会どころの騒ぎじゃなかったろうな。
サンキューデカリボン先輩!

そしてあすか先輩よ。
1期も黒かったけど、2期ではさらに黒さが滲み出る回数が増えてますねえ。
いいゾ~これ。
抜群の技量、徹底した個を殺す組織論、人とは違ったものの見方。
吹奏楽への想いが真剣そのものってのは間違いないけど、どこか闇を感じるのう。
このへんは失言女王であり、面倒ごとにはとりあえず突っ込んでいくスタイルの久美子が解き明かしてくれるだろ(失礼)。
あすか先輩の過去や人格形成に関わる話も、近いうちに明かされるはず。
こういう闇を抱えて飄々と笑ってるキャラ大好き。

考察

考察するたびにバカっぷりを披露してるけど気にせずいこう。
今回はあすかについて考えてみよう。
久美子が「どれが本心かわからない」と評するように、あすかには3つの顔があると俺は考えている。

1つ、通常通りのあすか。
飄々としていて気さくな頼りになるお姉さん。
一番よく見るあすかの顔。
しかしこれが彼女の本当の性格なのかと言われると難しい。
彼女自身が”演じている”キャラなのかもしれない。

2つ、吹奏楽に真剣に打ち込むあすか。
練習中は真剣そのもの。
おそらく部で一番の実力者だろう(楽器によって異なるのかもしれんけど)。
彼女が吹奏楽に対して本気なのはまず間違いない。
しかしこれはあくまで演奏中のあすかの顔だ。

3つ、黒くて深い闇
1期の再オーディションや希美への対応、そしてみぞれへの評価。
どれも冷酷とすら思える反応を見せている。
ただ気になるのはこういった発言をする場合、ほぼ話している相手が久美子だということだ。
彼女にだけ見せるあすかの第3の顔。
これはいったい何を意味しているのか?

こんなとこか。
ほんと、どれが本心なのやら。
いくら久美子でもあすかの腹の奥底に到達するのには、相当な労力を強いられることになりそうだ。
今回は個人に焦点が当たったから、来週は吹部全体の話に戻るかな?
それにしても1話1話濃い話でめちゃくちゃおもしれえ。
この調子で最終回まで走り抜けてほしいな。

響け!ユーフォニアム2 1巻【Blu-ray】 [ 武田綾乃 ]

価格:5,405円
(2016/10/26 23:20時点)
感想(0件)

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする