ゴジラ再上陸、東京都市機能喪失 #シンゴジ実況

現在東京、いや日本は未曾有の危機にさらされている。
先日の11月7日、ゴジラが鎌倉の由比ヶ浜から再上陸した。

巨大不明生物上陸!#シンゴジ実況
みなさんご存知の通り、昨日11月3日、前代未聞驚天動地の大事件が発生した。 巨大不明生物が現れたのである。 正直俺も直接見たわけ...

ゴジラについて詳しく知りたい人は上の記事もあわせて読んでほしい。そこにでてくる「巨大不明生物」がゴジラのことだ。

前回蒲田に上陸したときとはまるで違う姿となったゴジラ(旧称巨大不明生物)は、横浜を通過し都内に向けて進行(侵攻?)した。
周辺地域に避難指示が出される中、自衛隊は総力を結集してこれを迎え撃つ「タバ作戦」を実施。
多摩川と武蔵小杉付近で数十分にわたる戦闘が展開された(らしい)。
しかし自衛隊の必死の防戦もむなしく、この作戦は失敗に終わってしまう

そしてゴジラは再び都内へと侵入。
その影響で各所で停電が発生。
電車はほぼ動かなくなってしまう。
都心への到達を阻止するため、政府は米軍にゴジラ駆除を要請。
すると続いて米軍によるゴジラ空爆が50分以内に行われると発表された。
さらにその爆撃範囲は目黒、品川、港区を中心とした5㎞四方に及ぶという。

皇居、東京ビッグサイト、駒沢オリンピック公園、平和島、代々木公園などが丸々攻撃範囲に指定されている、といえばこの異常さが伝わりやすいかもしれない。
周辺住民の避難が間に合うはずもなく、政府は彼らにすぐに近くの地下鉄や地下施設に退避するよう指示。

そして米軍の爆撃が開始された。
正直自衛隊と米軍の攻撃能力の違いがわからなかったのだが、知人に「シュパシュパとドカンドカンぐらい違う」と聞いてなんとなくイメージはできた。
そんなのんきなことをしていた俺は、ツイッター上で信じられない動画を目にした。

ゴジラが発光し、口(?)から炎?ビーム?レーザー?とにかく得体のしれない攻撃をくりだし、町を火の海へと変えた。

呆然としていた俺だったが、ゴジラが活動を停止したとのニュースはかろうじて聞き取れた。
「休止」ということは米軍も駆除に失敗したのだろう。
最新鋭の通常兵器を寄せつけないゴジラっていったい…。
そしてその後入ってくる情報は目をおおいたくなるようなものばかりだった。

大河内首相以下閣僚11名安否不明

首相官邸・法務省・外務省・厚労省・財務省・文部科学省・金融庁・復興庁・検察庁・東京高裁など被害甚大

港区、中央区、千代田区のほぼ全域が放射能汚染のため帰還困難区域となる恐れ

ところにより致死量の数倍の20Sv/hを超える場所も

都心部の火災延焼続く

円、国債の暴落止まらず

ゴジラによる経済的被害額は数兆円にのぼり、死者・行方不明者は数万人規模の可能性大

被害の大きさはあの3.11にも劣らない。
加えて今回は日本の中枢都市である東京での事態。
日本はこれからどうなってしまうのか…。

現在里見祐介農水大臣が総理臨時代理に就任。
高い放射線量の中、必死の救助も進められている。
各国からの援助物資も成田や茨城空港から続々と送られてきているそうだ(羽田は放射能の影響のため当面封鎖)。

しかしゴジラは今も東京駅付近に存在している。
いつまた活動を再開するかわからない。

あの規格外の生物にどう対処すべきか。
政府が組織した対ゴジラ専門チームも研究を続行してはいるらしいが―

まさか東京が、自分の住む国の首都がここまで蹂躙される日が来るとは思ってもみなかった。
これから先自分がどうすべきなのが正解なのか、今は全然わからない。
日本を離れるべきか?
これまで通りの生活を送るべきか?
被害地域にボランティアに行ったり、物資を送ったり寄付をすべきなのか?
少し落ち着いて考える時間が必要だ。

【【365日出荷】クラシオ 完全国産の天然水 2L×12本 シリカウォーター 送料無料 ミネラルウォーター 放射能検査済み 九州 熊本県 阿蘇 シリカ水 九州産 軟水 保存料なし (2リットル 12本/備蓄/日本製/国内/生駒/くまモン/保存水/災害用/水素)

価格:1,288円
(2016/11/9 19:50時点)
感想(5370件)


ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする