響け!ユーフォニアム2期、第十二回(12話)あらすじと感想 全国に北宇治の演奏が響き渡った!! (ネタバレ注意)

あらすじ

全国大会前日の練習から今回はスタート。
滝先生の「今まで通り音を重ねましょう」という言葉を胸に、部員たちは最後の練習に励む。
前夜に久美子は秀一と会話。
遅れた誕生日プレゼントを受け取り、ついに本番へ。
部長と副部長の言葉。
北宇治の掛け声。
みぞれとあすか、2人と声を交わした久美子。
そしてついに舞台で滝の手が上がる。

本番直前の夜でも意外と落ち着いている北宇治の面々。
県予選、関西大会を経験したおかげか。
テレビアニメ公式サイトより引用
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

演奏はオールカット。
たぶん最終回でやるんだろ。
なお北宇治の結果は…

現実は非情である。
でも3年生3人の間にいつもあった壁のようなものが消えてたり、あすかは父親からメッセージを受け取れたし、麗奈は想いを滝に(公衆の面前で)ぶつけられたし、久美子は見に来てた姉の麻美子と素直に言葉を交わせたしで、きれいにおさまったと思う。
北宇治高校吹奏楽部は、副部長の最後の命令である「金賞を必ず取る」という言葉を絶対に裏切らないことを誓うのだった。

感想

麗奈、あすか、久美子、3人の伏線を綺麗に回収してまとめてましたな。
まず麗奈は2回も滝に「好きです」と伝えたものの(会場での声掛けのときと受賞後の談話のさい)、うまーく先生にかわされたねw
さすが滝先生、あの状況で微笑みながら「嬉しいですよ」はなかなかいえねーべ。

滝に想いを伝えた麗奈。
滝は彼女の気持ちに気づいていないのか、あえてはぐらかしているのか…
テレビアニメ公式サイトより引用
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

あすかは演奏前、演奏後と宣言、宣誓、後輩へのメッセージと大わらわだったね。
ほんま自分が大変な立場にありながら、部をまとめあげるのってすっげー苦労したんだろうなあ。
その重責から解放されて、父親からも言伝をもらって、やっと、本当に、彼女の心からの笑顔が見えた気がする。
よかったよかった…。

最後に久美子。
麻美子に素直に「ユーフォが好き。お姉ちゃんのおかげで好きになれた。お姉ちゃん大好き!」と言えたな。
どこか冷めた感じで、自分の気持ちにセーブがかかってて、人の事情にも深入りはしない。
そんな久美子が一期の後半からどんどん感情を表にだして、自分の気持ちに素直になれるようになっていく姿は、子供を見守る親のような気分になりましたわ。

1期のころに比べて感情を素直に表に出せるようになった久美子。
この成長はユーフォの演奏にも好影響を与える…はず。
テレビアニメ公式サイトより引用
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

ただ個人的に一番推したいのは、やっぱ香織、あすか、晴香の三年生トリオの親友感かのう。
一線を引いてた3人の距離が、今回の後半パートで一気に近くなったよね。
友達から親友にランクアップしたってとこか。
きっと大学行っても付き合いが続くんやろなあ。

責任を求められる立場から解放されたからか、以前より3人の距離はぐっと縮まったように見える。
前は全員本心を隠していたような感じがあったからね。
テレビアニメ公式サイトより引用
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

ってなところでいよいよ来週最終回でございます。
演奏シーンはあるのか?
三年生の卒業式は?
次期部長は誰になるのか?
吹奏楽に青春をかけた少女たちの行く末はー
早く続きが見たいような、終わってほしくないような。
今はそんな不思議な気持ち。

響け!ユーフォニアム2期、第十一回(11話)あらすじと感想 麗奈の滝への想い (ネタバレ注意)
あらすじ 無事あすかも戻り、全国に向かってラストスパート! …といきたかったが、今度は麗奈の様子がおかしくなってしまう。 戸惑う久...

麗奈回の前回も。
てか麗奈回の作画異様に気合入ってるように感じてるの俺だけ?

【送料無料】 響け!ユーフォニアム2 1巻 【BLU-RAY DISC】

価格:5,822円
(2016/12/22 00:01時点)
感想(0件)

響け!ユーフォニアム [ 武田綾乃 ]

価格:709円
(2016/12/22 01:05時点)
感想(6件)

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする