響け!ユーフォニアム2期、第十三回(13話)最終回、あらすじと感想 北宇治高校吹奏楽部 (ネタバレ注意)

あらすじ

3年生が引退し、部長に優子、副部長に夏紀が選出された。
凸凹コンビだ。
やったぜ!!
吹奏楽部は再始動したものの、久美子はどこか気持ちが沈んだまま。
どうも3年生が引退してしまったこと、特にあすかがいなくなったことを気にしているようだ。
練習でもユーフォニアムの吹き方が、あすかとそっくりだとみぞれと希美に指摘される。

引退してから久しぶりに会ったあすかと久美子。
会話を切り上げようとするあすかに久美子は寂しさを感じる。
テレビアニメ公式サイトより引用
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

部活ではお別れ会が行われた。
卒業生から下級生への演奏。
そのお返しとばかりに下級生からは県予選で合奏した三日月の舞と、夏のマーチングバンドのメドレー

自分たちの成長した姿を卒業生に向けて。
北宇治魂とでもいうべき精神は、確かに下級生たちに引き継がれたはずだ。
テレビアニメ公式サイトより引用
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

すぐに卒業式がきて、久美子は別れを惜しむ3年生の中にあすかの姿を探す。
「がらじゃないから」と手早く帰ろうとしていたあすかに、久美子は自分が最初はあすかが苦手、いや嫌いだったと告げる。
でも今は大好きで、あすかともっといっしょにユーフォを吹きたい。
涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら、久美子はずっと、あすかが部を離れようとしたのを引き止めた時ですら言わなかった胸の内を吐露した。

あすかのようにユーフォが吹きたかった。
久美子にとってあすかは憧れの存在だったのだ。
テレビアニメ公式サイトより引用
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

そんな彼女に、あすかはあくまでいつもどおり、飄々とした態度で、父から送られたノートを託す。
そしてさよならをしたくないという久美子に、「じゃ、言わない」と応じると、「またね」と一言かけ、雪の降る道を歩いていくのだった

さよならは、言わない。
テレビアニメ公式サイトより引用
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

最後は久美子のモノローグ。
あすかが父から送られたノートに書かれた譜面にそっていつも吹いていた曲。
そのタイトルは

響け!ユーフォニアム

感想

いい最終回だった。
言葉は不要…って書いちゃうとこれ以上続けらんないか。
Twitterでも予想されてた通り、見事デカリボンパイセンと夏紀が部のツートップになったぜ。
普段は喧嘩気味で、いざとなったら抜群のチームワークを発揮してほしいコンビだわ。
やーあのドライだった久美子が、まるで恋する乙女のようにそわそわとあすかのことを気にしてたのはなかなか感じ入るものがあった。
お別れ会の演奏に回想をはさんでくるのもにくい演出よね。
特に麗奈のソロのとこは一期の山場でもあったし。
つーか3年10人以上いたのな。
あすか、部長、香織、葵の4人くらいしか認識しとらんかったわい。
そんで最後のあすかと久美子の会話がまたよかった。
心情を全部さらけ出して大泣きする久美子に、最後の最後までいつも通りに接するあすか。
別れ際は拍子抜けするほどあっさりしてたけど、あのキャラのぶれなさがあすかの魅力だ(と思う)。
そして最後にタイトル回収。
完璧だね。
最高だったぜユーフォ。
ただ一点を除いてなあ。
…全国の合奏聴かせてよお!!!
くっそー、OVAとかでやるか、CDに収録されてるか。
それにしても最後の最後まで俺の予想はとことんはずれるな。

響け!ユーフォニアム2期、第十二回(12話)あらすじと感想 全国に北宇治の演奏が響き渡った!! (ネタバレ注意)
あらすじ 全国大会前日の練習から今回はスタート。 滝先生の「今まで通り音を重ねましょう」という言葉を胸に、部員たちは最後の練習に励む...

「全国の演奏は最終回でやるやろ」とかてきとーなことを言ってる記事がこちらです。
最後ぐらい予想あてて、「な。俺の言った通りやったろ?」ってどや顔きめたかった…。

まええわ。
ユーフォ、最高だった!!
三期やってくれてもええんやで!!!

【送料無料】 響け!ユーフォニアム2 1巻 【BLU-RAY DISC】

価格:5,822円
(2016/12/29 01:19時点)
感想(0件)

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする