Re:CREATORS(レクリエイターズ) 5話 あらすじと感想 (ネタバレ注意)

あらすじ

アニメ「無限神機モノマギア」の主人公、鹿屋 瑠偉(かのや るい)が、愛機「ギガスマキナ」とともに颯太たちの世界へと降り立った。
逆切れキャラで年下好き(セレジアがアウト)の彼が居座るモノマギアの脚本家、中乃鐘 昌明(なかのがね まさあき)の家へと対話するために向かったセレジアたち。
ところが中乃鐘の自宅に自衛隊が突入してくる。
全面対決になりそうだったが、ぎりぎり踏みとどまった両者。
そしてセレジアたちは、異世界からの来訪者に対応する国の対策組織会議の元へと連れてこられた。

創造主である中野鐘すら絡むとなると頭を抱えたくなる逆切れ系主人公。
まあ性格尖ってないと物語は面白くならないし多少はね?
© 2017 広江礼威/小学館・アニプレックス

この会議で統括調整官を務めている菊地原亜希の説明によると、8月23日を境に異常な電波が激増したとのこと。
おそらくこの日が異世界の住人が颯太たちの世界へ現れるきっかけになった日なのでは、と推測される。
当初は穏便に対応しようとしていた政府だったが、アステリアによって創造主が拉致され以後行方不明になってしまった事態、メテオラによる重火器盗難事件をうけ、緊急性の伴う事案と判断。
なおメテオラは謝って許してもらった模様。
セレジアたちには手荒なことをしてしまったと詫びつつ、話を進めていく菊地原。
本題の今後の事態の対応については、メテオラが中心となって政府関係者と議論していった。
民衆に周知されればされるほど、世界へのきしみ、悪影響は大きくなるため隠ぺい工作を。
被創作者たちは国家公務委員として人権を保障。
颯太、松原、まりね、中野鐘は保護対象に。
セレジア、メテオラ、鹿屋は、他世界から現界する者たちがこの世界へ影響を与えすぎないように活動する。
軍服の姫君の正体、及び創造主の解明・発見。
などが取り決められた。
帰りの電車内でセレジアとメテオラが引き続きまりねの家に滞在することが決まったり、松原が男子会(むさい)を提案したりと平和な時間がおとずれる。

統括調整官を務める菊地原亜希。
会議で未知の事態にも柔軟に対応するあたり、有能さがうかがえる。
© 2017 広江礼威/小学館・アニプレックス

しかし家に戻った颯太は、自分がどうして軍服の少女に見覚えがあるのかを疑問に思っていた。
そして何かを思い出し、パソコンで「星 名前」と検索。
さらに「アルタイル」という項目から2chやニコ動のようなサイトにとび、ニコ動に似ている動画サイトでは、あの軍服の姫君そっくりなキャラが映っていてー
シマザキさん…?」
彼は1話冒頭で自殺(?)したメガネの少女の姿を思い浮かべる。
果たして軍服の少女と「シマザキ」、そして颯太の関係は?
謎が深まり次回へ続く!!

軍服の姫君は「悠久大戦メガロスフィア」の二次創作キャラ?
次回あたりこの作品についても触れられるかな?

感想

メテオラさんと政府有能すぎい!
お互いに未知のモノへとしっかり対応できてるのが素晴らしいっすな。
おかげで会議シーンもストレスなく楽しめたぜ。
まあメテオラは(緊急事態だったとはいえ)火器使用料1億5800万円と器物損壊に盗難分しっかり働こうねw
菊地原さんとの会話もよかったね。
この2人は今後の保守側(セレジアたちや政府のグループ、逆に軍服の姫君たちは革新・革命側とでも呼ぼうか)のブレインとなりそう。

有能ポンコツ()賢者。
振れ幅が大きいため見ていて飽きない。
© 2017 広江礼威/小学館・アニプレックス

松原さんがセレジアのことを「物じゃないです。発言には気をつけてください」って毅然と菊地原さんに言ったとこはかっこよかったぜ。
もちろん菊地原さんも悪気があったわけじゃないけどね。
でも政府の高官にも自分の生み出したキャラクターを傷つけさすまいとする彼の行動には筆者の、いやさ創造主、クリエイターとしての愛と魂を感じたね。
本人は3話あたりで否定してたけど、やっぱセレジアをかばったときの松原さんからは父性がにじみ出てた。
子を守る親にも通じるところがあるんじゃねーかしら。

さあさあ核心に迫ってまいりましたよ。
軍服の姫君の創造主はどうやら「シマザキ」という人物のようですね。
1話で自殺したっぽいあのメガネ女子(まりねのことじゃないよ)がシマザキさん、って解釈でいいのかな?
そんで軍服の姫君(以後仮称としてアルタイルと呼ぶ)はニコ動っぽい動画サイトが元ネタのようだ。
オリジナルキャラクターであり、なんか曲ありきのキャラでもあるっぽいんだけど、サーベルで戦うのはどういうことなんだろう…。
また颯太はシマザキと知り合いみたいだが、どういう関係だ?
なんでアルタイルのことをこんなに長いこと忘れてた?
いやそもそも知らなかったのか?
そしてシマザキはなぜ自殺してしまった?
ツイッターでもいろいろ意見が出てる。
キャラをパクられた、作品が出版社などで評価されなかった、アンチに叩かれた。
その無念が軍服の姫君、もといアルタイルを現界させたなんて意見も。
うーむ、彼女の自殺日が8月23日らしいから、このへんと颯太との関連性がカギやな。
ともかくアルタイルの正体がわかれば、異世界から「被造者」が現れるロジックも解明できるかもしれん。
来週がすっげー気になるぜ。
あ、今週もあんまバトルなかったな。
面白いからいいけど。

かっこよさと美しさと可愛さを兼ね備えた姫君。
今週は出てこなかったけど、来週あたりはご尊顔を拝見したい。

Re:CREATORS(レクリエイターズ) 4話 あらすじと感想 (ネタバレ注意)
あらすじ まりねのつてで、自身の創造主が務めるゲーム会社に訪問したメテオラ。 しかし「追憶のアヴァルケン」の作者は事故死していた。 ...

4話もよろしくな。

Re:CREATORS (レクリエイターズ) クリアファイル A[アズメーカー]《予約/2017年06月》

価格:410円
(2017/5/7 01:47時点)
感想(0件)

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする