Re:CREATORS(レクリエイターズ) 7話 あらすじと感想 (ネタバレ注意)

あらすじ

アリステリアとセレジアたちの混戦の中に、弥勒寺が参戦。
彼は現界してからブリッツと一戦交えており、その決着をつけにきたようだ。
戦いをやめさせたいまみかが両者の間に割って入るが、ペルソナ(という認識でええんかな?)のような能力を使い、本人も高い戦闘力を有する弥勒寺を抑えることは難しい。
一方不発弾処理という名目で野次馬を遠ざけていた菊地原(アニメやラノベのキャラクターが現界するという超常事態に対処する政府高官)は、鹿屋にギガスマキナの出撃を要請。
巨大ロボの登場に、アステリアはまみかを連れて退却。
真鍳(まがね)は姿を消し、ブリッツも撤退。
弥勒寺はブリッツと決着をつけるために、セレジアやメテオラたちに同行することになった。
そこで弥勒寺は鹿屋と意気投合したり、メテオラをめっちんと呼んで嫌がられたり、被造者は設定が広がり変わっていくのではないか、という仮説を述べたりした。

行方をくらませていた真鍳は、あっさりと自分の創造主を殺していた
彼女の目的は果たして―?
そのころ颯太は松原(セレジアの創造主)、まりね(セレジアのイラストレーター)、中野鐘(なかのがね、鹿屋のシナリオライター)と今後のことを話しあう。
そこで自分の絵についての話となり、まりねに見せてほしいと言われて渋った颯太に、
自分たちのようなプロでも完璧と思えるものを人に公表してるわけじゃない。腹をくくっているだけだ」と松原
「納期があるから」と中野鐘
どうも颯太はかつて自分の作品をネット上で誹謗中傷されてしまった過去があるようだ。
数日後、電車内でまみかが颯太に接触してくる。
そのころ中野鐘は見覚えがあった軍服の姫君の正体をついに突き止め、セレジアたちに説明していた。
カフェでまみかの「マジカルスレイヤー・まみかとしてあり続ける」という悩みながらも出した真摯な覚悟に心を動かされた颯太は、まみかの質問に正直に答える。
軍服の姫君の名は「アルタイル」
動画投稿サイト(pixivとニコ動を足し合わせたようなもの)にあげられていた二次創作のキャラクターで、現実世界、颯太たちの世界を憎んでいる。

感想

まがね(変換できない)の登場で緊張感がぐっと増してるね。
今回も西尾先生…原作者が亡くなられてしまったしな。
彼女の目的はなんだろうか?
原作者を使って自分の設定をいじろうとしてたようだけど、そもそもうまくいくとは思ってなかったような口ぶりだったし。
軍服の姫君側にもセレジアたちの側にもつく気はないみたいで、本当につかみどころのないキャラだで。
現状短期的な視点で見れば、こいつが人間たちにとって一番の脅威だぞ。
このまま野放しにしてたら何人殺されるかわかったもんじゃねえ。
もうまがねは保護じゃなく捕獲、または殺処分もやむを得ないんじゃ…。
この手のやつは話し合いになったら相手のペースだから、問答無用で実力行使にでるのがいい気がする。

そしてついに軍服の姫君の正体が開示されました。
「アルタイル」
デネブとベガもいたのかな?
なんて冗談はおいといて、ニコ動や渋で生まれたキャラだったのか。
おそらくこのキャラは「シマザキ セツナ」(1話冒頭で自殺した三つ編み眼鏡ちゃん?)が原案で、颯太がキャラデザを書いたのかな。
そんで動画やイラストをあげていって、キャラをどんどん煮詰めていった。
人気が出たけどその分批判もあって、心無いことを言われ続けてシマザキさんが自殺してしまい、颯太は絵を描くのを辞めてしまった。
創造主を殺した世界をアルタイルは憎んでいる、とかそういう解釈をしてみたよ。
もし本当だとしたら悲しいなあ…。
将来有望な才能が1つ、つまれてしまったんだから。

レクリエイターズって作者側の視点が多いよね。
今回はプロでも作品を見せるのに不安を抱えてるってのがわかったり、心無い言葉によって潰されてしまう創作者がいたり。
「キャラが現代に現れる」って設定を活かして、物語を作る人々の心情もうまく描いてる。
レクリエイターズを作っている人たちの心の声もにじみ出してんのかな。
松原さんは初登場時は3枚目キャラかと思ったら、セレジアかばったり後輩創作者に含蓄あるアドバイスしたりと、一本芯のある仕事人だったわ。
中野鐘さんもデブのくせに有能だ。
特に今回、軍服の姫君の正体を突き止めたのはまじで大手柄っしょ。
キャラたちも自分の「設定」と向き合いながらも成長してる。
特にまみかの「マジカルスレイヤー・まみかとしてあり続ける」っていう決意は2話でのハチャメチャな暴れっぷりを見てるとなかなか感慨深い。
ご都合主義の世界から引きずりだされ、自分の思い通りにいかないことが多々あって、それに悩んで葛藤しながらも、自分の信じる道を貫き通す。
これ、並大抵の人じゃできないよ。
いやまみかは並大抵の人じゃないんだけど。
Twitter上では「死亡フラグ臭しかしない」と言われてるけどね…。
頑張って回避して(懇願)。

導き出した真っすぐな結論。
© 2017 広江礼威/小学館・アニプレックス

まだまだ伏線や考察のネタが豊富なレクリエイターズ。
来週は軍服の姫君の正体完全開示と、颯太の過去についても触れるかな?
彼とまみかのいるカフェに、まがねもいるのが気がかりなんだよ。
大丈夫?名前的にどっかの黄色い魔法少女みたいにならない?
ぱっくりいかれたり、メンタルブレイクされて銃を味方に向け始めたりしない?
ま、大丈夫か。
8話はよ。

Re:CREATORS(レクリエイターズ) 6話 あらすじと感想 (ネタバレ注意)
あらすじ 軍服の姫君について手がかりを得た颯太のもとにセレジアが訪れる。 しかし彼はなぜかすぐにそれを彼女には伝えない。 一方また...

6話もよろしく!

コスプレ道具 Re:CREATORS(レクリエイターズ) 煌樹まみか 変装/仮装/豪華/華麗/高品質

価格:7,260円
(2017/5/21 01:53時点)
感想(0件)


ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする