BE BLUES! 295節 宮崎と優人 (ネタバレ注意)

あらすじ

優人の異変に気づけなかった自分たちを責める龍と優希(優人の双子の妹)。
その帰り道、公園で宮崎と優人の姿を見つける。
宮崎は優人に、中学の大一番でPKを外した心境を語る。
龍がインドネシアに行くのを止めようと、チーム一丸となって臨んだ試合。
その試合で敗北の一因となってしまった宮崎は、そのシーンをいまだに夢に見るようだ。
結果として龍はインドネシアに行かないことになったが、それでもその夢を見た朝は嫌な気分になる。
そしてあの時勝っていたら、その先どうなっていたか、やはり全国には届かずどこかで負けていたのか、あるいはー
考えてもしょうがないとわかっていることを、それでも考えずにはいられない。
そんな宮崎の話を聞いた優人は

「…勝ちたかった…」

3年生たちとともに、最後まで。
搾り出すように言葉をつむいだ。
龍の力になりたいと入った武蒼。
でも今は、心の底からこのチームで全国制覇をしたい。
優人の言葉に、宮崎も龍も優希も安堵する。
もう大丈夫だと。
気持ちを持ち直した優人。
そして新人戦決勝が始まる!

サッカーのメンタル 実践編 ケータイでできるメンタルトレーニング/豊田一成/松田保/藤澤昌史【1000円以上送料無料】

価格:2,052円
(2017/7/5 21:26時点)
感想(0件)

感想

宮崎、いい奴だ。
中学の時といい、今回といい、3人(龍と優人と優希)がどんづまりになったところを助けてくれるのはいつも宮崎だな。
ある意味中学生編では一番成長したキャラだったし、宮崎のおかげでナベケンとの対決がめちゃくちゃ盛り上がったんだろうしね。
普段の言動からは想像しづらいけど、人の気持ちを察して、フォローしてやれるやつなんだよなあ、宮崎って。
ある意味、龍が苦手としている分野を補ってくれる存在だ。
中学生編でも太田を励ましてたし。
今回は完全に宮崎回でしたわ。
そしてやっぱり江藤さんは龍にバレンタイン渡しそびれてんのなw
初登場時の「別に…」みたいな無関心キャラはどこいったんですかね…。
すっかり乙女やで。
さて優人も立ち直ったところで新人戦決勝だ。
じっくりやるか?それともダイジェストか。
そして相手はどこなのか?
続きが気になるぜ!

BE BLUES! 294節 バレンタイン! (ネタバレ注意)
あらすじ バレンタインと苦い思い出 新人戦の翌日、龍の元にはでたらめな量のチョコが届いていた。 ナベケンもいくつかもらっていたり、...

前回の記事はこちら。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする